日本 無念の準優勝…カタールに敗れアジア王座奪還ならず

[ 2019年2月2日 00:55 ]

アジア杯決勝   日本1―3カタール ( 2019年2月1日    UAE・アブダビ )

<日本・カタール>前半33分、大迫(左)がゴール前に攻め込むもシュートは打てず(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は1日、カタール代表との決勝戦に臨み、1―3で敗れた。今大会得点王となったFWアルモエズ・アリに見事なオーバーヘッドから先制を揺すると、その後も追加点を奪われ準決勝に終わった。 試合結果  アジア杯日程&結果  日本代表メンバー

 日本は準決勝のイラン戦からスタメン1人を変更。その試合で負傷交代したMF遠藤に代わってMF塩谷が起用された。

 史上最多5度目の優勝を狙う日本だったが前半12分、今大会8ゴールと得点ランクトップを独走するFWアルモエズ・アリがペナルティエリア内でゴール背にしてボールを受けると軽やかなボールタッチからオーバーヘッド。GK権田がワンテンポ遅れて反応するも届かず。ゴール左隅へと吸い込まれ先制点を許した。

 反撃に出たい日本だったが同27分にも失点。攻め上がってきたMFハテムに対しプレスに行けず。ミドルレンジから左足で強烈なシュートを叩き込まれてしまった。

 2点を追いかける形で後半へと入ると、同17分にMF原口に代わってFW武藤を投入。すると同24分、1点を返す。右サイドから塩谷が中央にグランウンダーのボールを入れるとFW大迫が落とし、フリーで抜け出したMF南野が飛び出してきたGKを“巧み”なループぎみのシュートでネットを揺らした。

 勢いに乗り攻勢を強める日本だったが後半38分、自陣ペナルティエリア内でDF吉田が相手のシュートをブロック。しかしこの時腕に当たったとしてVAR判定の末にPKを与え、これを決められ3失点目。2大会ぶりのアジア王座奪還とはならなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月1日のニュース