清水痛っ!得点源ドウグラスが不整脈でブラジルに帰国 昨年15試合11発

[ 2019年1月24日 17:29 ]

今月15日の練習でランニングするドウグラス(左)
Photo By スポニチ

 J1の清水は24日、FWドウグラス(31)が静岡市内の病院で検査を受けた結果、不整脈の症状が見られたため、同日ブラジルへ一時帰国したと発表した。今後は現地で治療を受ける。再来日の日程は未定。

 徳島、京都、広島でもプレーし、広島時代の2015年にリーグ2位の21ゴールを挙げてJリーグのベストイレブンに輝いたドウグラスは18年7月に清水入り。J1リーグ戦15試合出場ながら、日本代表FW北川航也(22)の13得点(32試合)に次いでチーム2位の11得点をマークした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月24日のニュース