小笠原氏“東北への恩返し”鹿島引退しても復興支援続ける

[ 2019年1月5日 05:30 ]

「東北人魂」サッカーフェスタに参加した小笠原満男氏
Photo By スポニチ

 18年シーズンで現役引退した前鹿島の小笠原満男氏(39)が4日、故郷・岩手の富士大で「東北人魂」サッカーフェスタに参加した。

 発起人の一人として活動する「東北人魂を持つJ選手の会」のイベントの一環で、東日本大震災後の12年から復興支援の一環として続けられている。地元から集まった小学生チームとともにプレーした小笠原氏は「自分たちに続くJリーガーや日本代表選手が出てきてほしい。岩手への恩返しは続けてやっていきたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月5日のニュース