主力流出続くC大阪 柿谷との契約更新を発表

[ 2018年12月22日 15:19 ]

C大阪・柿谷
Photo By スポニチ

 主力選手に流出が相次いでいるJ1のC大阪は22日、元日本代表FW柿谷曜一朗(28)、DF山下達也(31)、DF松田陸(27)と来季も契約更新することで合意したと発表した。

 今季J1リーグの成績は、柿谷が21試合4得点、山下が21試合0得点、松田が29試合0得点だった。

 C大阪では、日本代表として今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会にも出場し、今季J1リーグ32試合に出場したMF山口蛍(28)が神戸へ、昨季リーグ2位の22得点をマークし、今季は30試合5得点だった日本代表FW杉本健勇(26)が浦和へ、昨季27試合8得点の成績を残し、今季24試合に出場した元日本代表MF山村和也(29)が川崎Fへそれぞれ完全移籍と主力選手の流出が続いている。C大阪は22日、元日本代表FW柿谷曜一朗(28)と契約を更新したことを発表した。今季はJ1で21試合出場4得点。ACLでは3試合出場1得点だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月22日のニュース