リーベル指揮官 鹿島戦は大幅変更示唆「エネルギーある選手使う」

[ 2018年12月22日 05:30 ]

FIFAクラブW杯3位決定戦   リバープレート―鹿島 ( 2018年12月22日    アブダビ )

鹿島戦に向け会見をするリバープレートのガジャルド監督(左)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 リバープレートのガジャルド監督が準決勝アルアイン戦からの大幅な選手変更を示唆した。

 前日会見で「明日は多くの変更を加える。まだあまりプレーできていない選手がいる。最もエネルギーのある選手を使いたい」と宣言。鹿島については「2年前でしたかね?(Rマドリードに)素晴らしい試合を繰り広げ、2日前も素晴らしい試合だった。日本のチームは進歩している」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月22日のニュース