井手口 右膝の負傷からの順調な回復ぶりを口に「1月7〜15日のトルコ合宿で完全合流できれば」

[ 2018年12月22日 17:20 ]

ドイツ2部フュルトの井手口陽介が一時帰国
Photo By スポニチ

 右膝の負傷から復帰を目指しているドイツ2部フュルトのMF井手口陽介(22)が順調な回復ぶりを口にした。

 22日、ウインターブレークを利用してドイツから一時帰国。今夏にイングランド2部リーズから加入し、先発した9月30日のドレスデン戦で負傷し右膝後十字じん帯の損傷と診断された。日本でのリハビリを経て、今ではボールも蹴り、対人以外のメニューもこなしているようで「良い感じだと思います」と笑顔で報告。「1月7〜15日のトルコ合宿で完全合流できれば」と話した。今年は18年W杯ロシア大会のメンバーから外れるなど悔しい思いもしただけに、復活が期待される来年へ「今年の悔しさを晴らすために、試合に出続けたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月22日のニュース