鹿島・安部 ドリブルで見せ場も「シンプルに悔しい」

[ 2018年12月23日 00:47 ]

FIFAクラブW杯3位決定戦   鹿島0―4リバープレート ( 2018年12月22日    アブダビ )

<鹿島・リバープレート>前半、競り合う安部(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 鹿島のMF安部裕葵(19)が切れ味鋭いドリブルで見せ場をつくった。

 前半44分、左サイドからドルブルで切れ込み、相手DF陣を翻ろう。こぼれ球を拾ったDF安西の右足シュートはクロスバーに嫌われたものの、決定機を演出した。「(リバープレートは)プレーの質や雰囲気が違った。失点した後も絶対逆転するという気持ちで前からいった。それでもやっぱり一人一人の能力の違いで追加点を取られた」と敗戦をかみしめた。

 Rマドリード戦では力の差を見せつけられ、涙した19歳。「シンプルに悔しい。自分のためになったかは正直、分からない。勝って、自分のもにしたかった。たくさん負けてしまってちょっと切り替えるには時間が必要」と唇をかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月22日のニュース