相模原GK川口、プロ25年目の雪中熱血始動「盛り上げたい」

[ 2018年1月23日 05:30 ]

プロ25年目を始動したJ3相模原のGK川口
Photo By スポニチ

 J3相模原が22日、相模原市内で始動し、元日本代表GK川口能活(42)がプロ25年目のシーズンに突入した。

 昨年11月にJリーグ通算500試合出場も達成した“炎の守護神”は雪の降る中でも精力的にメニューを消化。「契約してもらえることに感謝して自分自身のパフォーマンスで期待に応えたい。優勝争いをして皆さんに興味を、関心を持ってもらえるようにしたい」と意気込んだ。

 6月にはW杯ロシア大会も待つ。日本代表で歴代最多となる4度のW杯出場を誇る川口は「サッカー界全体で18年を盛り上げていきたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月23日のニュース