ヘント久保 チーム快勝貢献も点奪えず不満「スッキリしない」

[ 2018年1月23日 05:30 ]

ベルギーリーグ・第22節   ヘント3-0ロケレン ( 2018年1月21日 )

ロケレン戦の後半、競り合うヘントの久保(左)
Photo By 共同

 ヘントFW久保がチーム2点目の起点になった。トップ下でフル出場。1―0の後半18分に左ペナルティーエリア深くにドリブルで切れ込みグラウンダーのクロスを送った。GKがはじいたボールがアンドリアセビッチにわたり、最後はヤレムチュクがゴール。3―0の快勝に貢献したが「僕は全然気持ち良くない。点取れないとスッキリしない」と振り返った。

 今季は目下6得点。「2桁は最低取りたい。W杯イヤーなので、そこに入れるように」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月23日のニュース