U―21森保監督、Jクラブ行脚スタート 23日に沖縄入り

[ 2018年1月23日 05:30 ]

 U―21日本代表の森保監督がJクラブのキャンプ行脚をスタートさせる。中国で開催中のU―23アジア選手権を準々決勝敗退で終えて、20日に帰国したばかりだが、23日に沖縄入りしてG大阪、神戸、鳥栖などの練習を視察する予定。

 3月のパラグアイ遠征ではU―23アジア選手権の選出を見送ったFW久保(FC東京)、DF中山(柏)、DF杉岡(湘南)ら“主力”も招集する見込み。最強メンバーを集めるために、選手の状態を入念にチェックする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月23日のニュース