清水 小林監督解任へ…後任にはポポヴィッチ氏や崔龍洙氏らリストアップ

[ 2017年12月5日 05:30 ]

今季限りで退任することになった清水の小林監督
Photo By スポニチ

 清水が小林伸二監督(57)と来季の契約を結ばず、事実上、解任することが4日、関係者への取材で分かった。5日にもクラブから正式発表される。

 過去に大分、山形、徳島をJ1に導いた“昇格請負人”の小林監督は、クラブ初のJ2リーグに臨んだ16年に1年でのJ1復帰を託され就任。同年に25勝9分け8敗で2位の成績を残し、J監督史上最多となる4クラブ目のJ1昇格を果たした。

 2年目の今季は1桁順位を目標に掲げたが、相次ぐ負傷者の影響もあり、サッカースタイルが安定せず苦戦。クラブワースト2位タイのリーグ9戦勝ちなし、クラブワーストタイのホーム7連敗、クラブワーストとなる5試合無得点を記録するなど成績不振に陥り、2日の最終節まで残留争いに巻き込まれた。

 クラブは当初、残留すれば続投の方針だったが、8勝10分け16敗の14位に終わった手腕を疑問視する声が上がり、解任に踏み切った。

 後任にはFC東京などを指揮したオーストリア出身のランコ・ポポヴィッチ氏(50)、磐田などでプレーし、母国・韓国のFCソウルなどを率いた崔龍洙(チェヨンス)氏(44)らがリストアップされている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月5日のニュース