J3北九州 玉井行人氏が元日付で新社長に

[ 2017年12月5日 15:55 ]

 J3北九州は5日、原憲一社長(65)が退任し、来年元日付で玉井行人氏(60)が後任社長に就任すると発表した。

 北九州市出身の玉井氏は1957年7月28日生まれの60歳。若松高から早稲田大教育学部を卒業し、1983年4月に西日本新聞社へ入社。83年5月の佐世保支局を振り出しに、87年5月に社会部、その後東京支社報道部、大分総局、論説委員会(東京駐在)、佐世保支局長、久留米総局長などを経て2012年6月に北九州本社副代表兼編集長となり、13年6月から今年6月まで執行役員・北九州本社代表を務めた。

 玉井氏はクラブを通じ、「まだ正式決定前なので詳細なコメントは差し控えさせていただきたく存じますが、北九州市出身であり、今年6月まで西日本新聞社北九州本社代表を務めさせていただくなど、縁も愛着もある北九州のために全力を尽くす所存です」とコメントを発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月5日のニュース