J2千葉 多々良、比嘉と契約更新せず

[ 2017年12月5日 14:55 ]

 J2千葉は5日、契約満了に伴い、DF多々良敦斗(30)、DF比嘉祐介(28)の2選手と来季の契約を更新しないと発表した。

 静岡県出身の多々良は清水東高、静岡産業大を経て2012年にJ2松本入り。15年にJ1仙台、16年にJ2千葉へ移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が11試合1得点、J2が140試合5得点。今季はJ2で8試合0得点だった。

 沖縄県出身の比嘉は流通経済大柏高、流通経済大を経て2012年にJ1横浜入り。14年にJ2京都へ期限付き移籍し、15年には横浜へ復帰。J2千葉では16年からプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が2試合0得点、J2は35試合1得点。今季はJ2リーグ戦で8試合0得点だった。

 両選手はクラブを通じてコメントを発表。多々良は「ジェフとはこれからは別々の道となりますが、ここで得たものを次のチームで活かしてやっていきたいです。そして試合をする時は全力で倒しに行きます!!最後にいつも声援を送ってくれたファン、サポーターの皆さん。たくさんのパワーを貰っていました!少しでも覚えていてくれたら、これからも応援してください!本当にありがとうございました!!」と、比嘉は「J1昇格を目標に2年間やって来ましたが、それが叶わずこのチームを去ることになったのは自分として悔しいですし申し訳ない気持ちです。ただ僕はジェフの事が好きだしチームを離れても1人のファンとして応援します。ジェフに関わるすべてのみなさんありがとうございました」とそれぞれ惜別メッセージを送った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月5日のニュース