森保ジャパンコーチに広島からスタッフ3人集結 和田氏も協会復帰

[ 2017年12月5日 16:50 ]

 日本サッカー協会は5日、2020年の東京五輪を目指し、12月6日に始動するU―20(20歳以下)日本代表のコーチングスタッフに横内昭展氏(50)、和田一郎氏(43)、下田崇氏(42)、松本良一氏(43)が就任すると発表した。

 担当は横内氏と和田氏がコーチ、下田氏がGKコーチ、松本氏がフィジカルコーチ。横内、下田、松本の3氏は同代表の森保一監督(49)が7月まで監督を務めていたJ1広島で長年、森保監督のもとコーチを務めていた。和田氏は日本サッカー協会のテクニカルスタッフやアシスタントコーチを歴任。今季まで2年間は長谷川健太監督(52)のもとJ1のG大阪でヘッドコーチを務めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月5日のニュース