し烈を極めるJ1昇格PO争い 福岡&名古屋は確定 残り2枠を5チームが争う

[ 2017年11月11日 22:54 ]

 明治安田生命J2リーグは11日、各地で第41節第1日の7試合が行われ、長崎がJリーグ参入5年目でクラブ初のJ1昇格を決めた。

 ともにこの日午後2時キックオフの試合で前節3位の名古屋が0―3で千葉に敗れ、同4位の福岡は1―1で松本と引き分け。午後7時キックオフの試合で讃岐に3―1で勝利した長崎は12試合負けなしの3連勝で勝ち点を77に伸ばした。勝ち点73の福岡と同72の名古屋が最終節で勝っても長崎の勝ち点に及ばないためリーグ戦1試合を残して長崎の2位が確定。初のJ1昇格が決まった。

 J2はリーグ戦1試合を残して優勝の湘南、2位の長崎と自動昇格となる2枠が決定。3位から6位の4チームが出場して最後の1枠を争うJ1昇格プレーオフ(PO)を巡っては勝ち点73の福岡、勝ち点72の名古屋は4位以上が確定してPO出場権を獲得しているが、残りの2枠に勝ち点67の徳島と東京V、勝ち点66の松本、勝ち点65の千葉が最終節まで可能性を残し、現在勝ち点62で12日に岡山と対戦する横浜FCも岡山に勝てば最終節まで可能性を残す展開となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年11月11日のニュース