長友、ホロ苦代表100戦出場も後半手応え スタンドで平愛梨も観戦

[ 2017年11月11日 07:55 ]

国際親善試合   日本1―3ブラジル ( 2017年11月10日    フランス・リール )

代表通算100試合出場を祝福される長友
Photo By スポニチ

 DF長友が代表通算100試合出場を達成した。08年5月のデビューから約10年で、日本代表史上7人目となる快挙。妻でタレントの平愛梨もスタンドで見守る中、左サイドバックでフル出場した。

 この日は主将を務めたが、これはハリルホジッチ監督が「今日は佑都が100試合達成だからキャプテンマークを巻かせる」と粋な計らいによるもの。「代表のキャプテンはハセさん(長谷部)。僕のやることはチームに貢献することで、キャプテンマークを巻こうが一緒」と気負うことはなかった。特に前半の内容を課題としたが、「ブラジルは本気じゃなかったし、負けたが恐れずに前からいくことはできた」と手応えもつかんだ様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年11月11日のニュース