井手口 初のトップ下先発、槙野ゴールアシストもレベル差痛感

[ 2017年11月11日 05:30 ]

国際親善試合   日本1―3ブラジル ( 2017年11月10日    フランス・リール )

トップ下で出場した井手口
Photo By スポニチ

 MF井手口が初めてトップ下で先発出場したが不完全燃焼に終わった。

 アンカーの位置に入ったMFカセミロをケアするため、本来のボランチより1列前に。CKから槙野のゴールをアシストしたものの「攻撃のところはどうしたらいいか分からないところがあった。(ブラジルとの)レベルの違いを肌で感じられたことは良かった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年11月11日のニュース