清武 全体練習全て消化も…指揮官「良いようには見えなかった」

[ 2017年3月18日 05:30 ]

鳥栖戦に向けた練習でロングボールを蹴るC大阪のMF清武
Photo By スポニチ

 C大阪は18日の鳥栖戦(金鳥)に向けて大阪市内で調整した。

 右すね打撲で前日の練習を途中で切り上げた日本代表MF清武は、約1時間の全体練習をすべて消化。見守った尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督は「(状態が)良いようには見えなかった。本人たちは“大丈夫”と言っていたが心配」と不安を口にしたものの、2試合連続でメンバー入りすることは確実となった。チームは第3節を終えた時点で2分け1敗と未勝利。得点はセットプレーからDFヨニッチが決めた2ゴールのみとあって、FW杉本は「前の選手が決めないといけない。攻撃のクオリティーを上げたい」と今季初勝利に向けて意欲を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年3月18日のニュース