札幌 J1で1624日ぶり白星 都倉 公式戦3連発 指揮官興奮「率直にうれしい」

[ 2017年3月18日 16:30 ]

広島を破りサポーターにあいさつする都倉(右から2人目)ら札幌イレブン
Photo By 共同

 明治安田生命J1リーグは18日、各地で第4節第1日が行われ、札幌が2―1で広島に競り勝って開幕4戦目にして今季初勝利。J1では2012年10月6日の浦和戦(埼玉)で2―1で勝利を収めて以来1624日ぶりとなる白星をマークした。

 札幌は前半12分にFW都倉の公式戦3試合連続となるゴールで先制。同21分に追いつかれたが、前半終了間際の44分に主将のMF宮沢がFKの折り返しにゴールへ詰めていたプレーが相手オウンゴールを誘って、これが決勝ゴールとなった。

 チームは15日に行われたルヴァン杯予選リーグ第1節・磐田戦(ヤマハ)で勝利していたものの、リーグ戦ではこれが今季初勝利。宮沢は「リーグ戦初勝利、うれしいです。皆さんと一緒に勝ち取れたので本当に良かったです」と歓喜のサポーターに向けて笑顔を見せ、後半は広島に押し込まれるシーンもあったが「キツかったですけど、集中して守れた」と胸を張った。

 四方田監督も「率直にうれしいです」と興奮さめやらない様子。「前半の中でだいぶサンフレッチェさんのスピーディーな攻撃に慣れてきたので、そういう意味ではある程度安定して守れたと思う」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年3月18日のニュース