槙野“中東の笛”に警戒心「勝敗を分けるポイントの一つ」

[ 2017年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   浦和―G大阪 ( 2017年3月19日    吹田ス )

G大阪へ向け調整する浦和DF槙野(右は宇賀神)
Photo By スポニチ

 浦和の日本代表DF槙野は「中東の笛」を警戒した。

 「アウェーのUAE戦はレフェリングも勝敗を分ける一つのポイントになると思う。球際は激しく行く必要があるけど“中東の笛”と呼ばれるものもある」と話した。既にUAE戦が開催される会場での試合映像もチェックし、場内の雰囲気も予習済み。「両チーム(浦和、G大阪)合わせて代表が4人。ナショナルダービーと言われる対戦。激しいバトルをみせたい」と気合十分だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年3月18日のニュース