旭日小綬章受章にオシム氏喜び「雨の中の練習も無駄でなかった」

[ 2016年11月5日 05:30 ]

秋の叙勲で旭日小綬章受章するサッカー元日本代表監督のオシム氏

 秋の叙勲で3日、旭日小綬章受章が決まったサッカー元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(75)が代理人を通じ喜びの声を寄せた。

 「自分の仕事が評価されたわけで、ある時は雨の中びしょぬれで練習したのも無駄ではなかったことになる」と吉報に触れた。07年、病に倒れ代表監督を退任したが、今も日本のサッカーに注目するオシム氏は「ファンの皆さんにも、選手たちに“もっと走れ”と声援を送り続けてくださるようお願いしたい」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月5日のニュース