原口、精彩欠きフル出場途切れる「最低 次外されてもおかしくない」

[ 2016年11月5日 08:47 ]

ボルシアMG戦の後半、競り合うヘルタの原口(右)

 サッカーのドイツ1部リーグ、ヘルタの原口元気は4日、ホームでのボルシアMG戦に左MFで先発し、得点には絡まずに後半26分に退いた。チームは3―0で勝った。

 原口は開幕から前節までリーグ戦は9試合連続でフル出場していたが、初めて交代を命じられた。ボールを持ってもパスミスをしたり、ドリブルにも普段の切れ味がなかったりと精彩を欠いた。

 チームはホーム5戦全勝と好調を持続している。原口は「最低。こんなプレーをしていたらすぐにポジションを奪われてしまう。次(の試合で)外されてもおかしくはない」と危機感をあらわにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月5日のニュース