イングランドVSフランス テロ犠牲者悼み両チーム黙とう…

[ 2015年11月19日 05:30 ]

<イングランド・フランス>グラウンドに並びテロの犠牲者に黙とうをささげる両チーム(AP)

親善試合 イングランド2―0フランス

(11月17日)
 親善試合のイングランド―フランス戦が17日、ロンドンのウェンブリー競技場で行われ、試合前に両チームの選手たちが一つの輪になって黙とうをささげるなど、パリ同時多発テロの犠牲者を悼んだ。

 競技場にかかるアーチはフランス国旗の「青、白、赤」の3色にライトアップされ、英国のウィリアム王子、フランスのデシャン監督、イングランドのホジソン監督がピッチ脇に献花。キャメロン英首相も競技場を訪れた。7万人以上の観衆がフランス国歌を合唱し、コレオグラフィー(人文字)で観客席にフランス国旗を浮かび上がらせるなど連帯をアピール。試合は0―2で敗れたが、フランス代表GKロリスは「イングランドの人々に感謝したい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年11月19日のニュース