大宮が首位キープ、磐田との頂上決戦はドロー 福岡が3位浮上

[ 2015年10月4日 20:59 ]

J2第35節

 J2は4日、各地で第35節の11試合が行われ、前節1位の大宮と同2位・磐田との頂上決戦は2-2のドロー。大宮は「75」、磐田は「65」とともに勝ち点1ずつを積み重ねただけで順位、勝ち点差に変動はなかった。

 前節3位のC大阪と同4位の福岡による昇格争いは、福岡が1-0で勝利。勝ち点を61として同59のC大阪に入れ替わり3位に浮上した。

 5位の東京Vは13位の札幌に0-2で敗れ、ここまで10戦負けなしの6位長崎は熊本に1-2と惜敗。8位だった千葉が7位の愛媛に1-0で快勝し、千葉が5位に浮上、東京Vは6位、7位が千葉となった。

 横浜FCは1-3で北九州に敗れ、中田監督就任4試合目で初黒星。岡山は水戸を3-0で下して7戦負けなし、群馬は京都と1-1で引き分けた。徳島と岐阜の一戦は2-1で徳島が競り勝った。

 栃木は金沢に2-2で引き分け、大分も讃岐と0-0のドローに終わったため、栃木はJ3自動降格の対象となる最下位22位のまま、21位の大分との勝ち点差も1で変わらなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月4日のニュース