FIFA最上位スポンサーから“ブラッター辞めろ”

[ 2015年10月4日 08:56 ]

FIFAブラッター会長

 FIFAの最上位スポンサー「FIFAパートナー」で米飲料大手のコカ・コーラや米クレジットカード大手のビザ、米ファストフード大手のマクドナルドなどが2日、ブラッター会長の即時辞任を求めた。会長にはスイス検察当局が9月25日から、横領や背任の疑いで捜査を始めている。

 コカ・コーラは「信用できる持続可能な改革を本気で始められるよう、会長の即時辞任を要求する。日々が過ぎるたび、FIFAのイメージと名声は汚され続けていく」と非難する声明を発表。複数の欧米メディアは「バドワイザー」などの有力ブランドを持つビール世界首位のアンハイザー・ブッシュ・インベブも同様の声明を出したと報じた。一方、会長の弁護士は「辞任はFIFAの利益にも、改革を進めることにもつながらない。彼は辞任しない」との声明を出した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月4日のニュース