神戸ミス連続で鹿島に完敗 FW森岡嘆く「攻撃の質が低い」

[ 2015年10月4日 05:30 ]

J1第2S第13節 神戸0―2鹿島

(10月3日)
 神戸は、荒れ果てたノエスタのピッチで苦戦したのはホームの神戸だった。キックする度に砂の舞う芝に足をとられミスを連発し、個々の技術やフィジカルで上回る鹿島に最後まで圧倒され続ける。前半25分にCKから先制された時点で、試合の行方はほぼ決まっていた。

 「今のチームの流れを象徴しているゲーム展開。最後のところで攻撃の質が低い」。MF森岡が嘆いたように90分通して決定機は皆無。中3日で迎えるナビスコ杯・鹿島戦(神戸ユ)に向けて暗雲が漂った。

 ただネルシーニョ監督にとっては想定内だったかもしれない。8月16日の川崎F戦以来となるノエスタに備え非公開で予行演習。改善されていないピッチ状態を目の当たりにして覚悟は決めた。この日の試合後も完敗を認めると同時に、「次のナビスコ杯は気が楽だ。ピッチコンディションのいいところでできるから」と会場を移して迎える一戦を楽観視した。

 さらに負傷欠場したFW渡辺、FW小川らも7日の復帰の向け急ピッチ調整中。残された少ない時間のなか、初タイトルをかけた大一番に向けて明るい材料を探し続ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月4日のニュース