FCソウル 攻撃的な布陣も実らず…2ゴールの尹柱泰が光明

[ 2015年5月27日 23:12 ]

ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 FCソウル2―3G大阪

(5月27日 万博)
 第1戦を1―3で敗れたFCソウルは前線に攻撃的な選手を多く配置したが、実らなかった。

 前半41分ごろに得たPKをモリナが外し、直後に追加点を許した。4点が必要な状況に追い込まれた後半に2得点して意地は見せたが、崔龍洙監督は「第1戦の大量失点が選手の負担になった」と嘆くしかなかった。

 光明は後半に2ゴールを奪ったFW尹柱泰だろう。第1戦でもゴールを決めたストライカーについて、アジアを代表する点取り屋だった指揮官は「彼には大きな期待を持っている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース