遠藤、強行出場で8強「きょうみたいな戦いができればいい」

[ 2015年5月27日 21:31 ]

<G大阪・FCソウル>前半16分、パトリックは先制ゴールを決めイレブンと喜ぶ
Photo By スポニチ

 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦が各地で行われ、G大阪はホームでFCソウル(韓国)と対戦。3―2で連勝し、2戦合計6―3で優勝した08年以来の8強進出を果たした。

 週初めの練習では別メニュー調整だったMF遠藤が強行出場。先発でチームの白星に貢献した。「前半いい形で終えることができ、90分通して内容は良かったと思う」と試合を振り返った。

 無得点が続いていたFWパトリックと、スタメンに起用されたMF倉田が得点。「FW陣が点を取るのはありがたい。いろいろな選手が点を取ったのも良かった」と複数選手にゴールが生まれたことを喜んでいた。

 準々決勝は8月26日と3カ月空くが「きょうみたいな安定した戦いができればいい」と次戦への意気込みを語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース