FIFA幹部らをホテルで逮捕 マネーロンダリングの疑い

[ 2015年5月27日 15:00 ]

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、司法当局者の話として、スイスの司法当局が汚職の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の複数の幹部を逮捕したと報じた。米司法省の要請に基づく措置で、近く米国に身柄を移送するとしている。

 同紙によると、10人以上が訴追される見通し。マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いが持たれている人物もいる。幹部らは会議のために集まったホテルで逮捕されたという。

 同紙によると、捜査対象となっている汚職容疑は過去20年以上にさかのぼり、サッカー・ワールドカップ(W杯)に関わる容疑も含まれるという。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース