イタリア女子代表ロスッツィ なでしこ撃破で“アピール”意欲

[ 2015年5月27日 16:14 ]

公式会見するイタリア代表MFロスッツィ

キリンチャレンジ杯 日本―イタリア

(5月28日 南長野)
28日になでしこジャパンと対戦するイタリア女子代表が27日、公式会見と前日公式練習に臨んだ。

 背番号10を背負い、攻守の要であるMFマルティナ・ロスッツィ(22)は「日本は非常にテクニックとスピードがある印象。自分たちとは違うサッカーが見られるのではないか、と楽しみにしてる」となでしこジャパンを称えつつ「自分たちの立ち位置を確かめる試合」と勝利に意欲。イタリア女子代表は6月のW杯(カナダ)には出場できないが、9月から女子EURO予選も始まるだけに、モチベーションは高い。

 またロスッシィは13―14シーズンのMVPに輝いた経歴もあり、関係者によると、なでしこリーグでのプレーにも興味があるという。「しっかり走って、インターセプトが得意なことは私の特徴」。チーム、そして自らの価値を日本に示すためにも、なでしこの“壁”になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース