ロシア、18年サッカーW杯費用88億円カット

[ 2015年5月27日 00:04 ]

 タス通信によると、ロシア政府は26日、2018年サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の費用を36億ルーブル(約88億円)削減し、6605億ルーブルに下方修正したと発表した。財政難が影響しているとみられる。

 ウクライナ危機を受けた欧米の制裁や国際原油価格の低迷による通貨ルーブル安で、W杯の施設建設のための資材調達費がかさんでいる。今週は、受刑者をスタジアム建設に動員してコスト低減を図るべきだとの発言が与党議員からあり、物議を醸した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース