清武 最終節のゴールはハリル監督の助言を体現「意識していた」

[ 2015年5月27日 07:00 ]

ドイツから帰国し、羽田空港で取材に応じる清武

 1部残留に貢献したハノーバーのMF清武が、同僚のDF酒井宏とともにドイツから羽田空港着の航空機で帰国。日本代表のハリルホジッチ監督から“ダメ出し”を受けていたことを明かした。

 4月に欧州視察していた代表指揮官との会食で指摘されたもので「ゴール前の近い位置でプレーしてほしいとか、一発でゴールに向かうポジションに常にいてほしいと言われたので、意識してます」。23日の最終節・フライブルク戦でゴール前のクロスに飛び込んで決めた先制ヘッドは、まさにハリルホジッチ監督の教えを体現したものだった。6月のW杯アジア2次予選に向けては「また始まるんだという気持ちと、もっと自分が中心になってやっていきたい気持ちがある。選ばれたらしっかりやろうと思う」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース