今季無冠のレアル指揮官が解任…後任はベニテス氏有力

[ 2015年5月27日 05:30 ]

アンチェロッティ監督の解任を発表したレアル・マドリードのペレス会長(AP)

 レアル・マドリードは25日、カルロ・アンチェロッティ監督(55)を解任した。

 就任1年目の昨季は欧州CLで史上最多10度目の優勝に輝きながら、今季は主要タイトル無冠。C・ロナウドが「来年も一緒に働きたい」とコメントするなど選手は続投を希望したが、ペレス会長は「勝つために新たな推進力が必要だ」と説明した。「スペイン語を話せた方がいい」という次期監督は来週に発表予定で、同会長の代理人はスペイン人であるナポリのラファエル・ベニテス監督(55)が「99%の確率で就任する」と述べた。アンチェロッティ監督は休養する意向だが、解任直後に古巣ACミランのガリアーニCEOと会食する姿が目撃された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年5月27日のニュース