ドイツVの瞬間 1分当たり今大会最高ツイート、決勝は3210万回

[ 2014年7月14日 11:02 ]

24年ぶり4度目の優勝を飾り、トロフィーを手に喜ぶドイツ代表イレブン(ゲッティ)

 サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の決勝ドイツ―アルゼンチン戦のツイート数は3210万で、今大会2番目の高い数値となった。大会を通じて1位は試合は準決勝ブラジル―ドイツ戦(8日)の3560万ツイートだった。試合は延長にもつれる接戦となりドイツの24年ぶり4度目の優勝で幕を閉じた。

 ツイッタージャパンが14日発表したデータによると、1分当たりのツイート数(TPM)でも決勝の試合終了じが61万8725ツイートと今大会最多を記録した。これまでは準決勝ブラジル―ドイツ戦の前半29分、エジルのアシストでケディラがシュートした時の58万166ツイートだった。

 トップ3は
(1)試合終了、ドイツ優勝の瞬間:61万8725TPM
(2)延長後半8分、ゲッツェがゴール:55万6499TPM
(3)試合終了後、メッシがMVP、ノイアーが最優秀GKを受賞:39万5773TPM

 決勝で最も話題になったのはドイツが決勝点を挙げたゲッツェ、アルゼンチンは大会MVPとなったメッシだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年7月14日のニュース