アジア連盟会長 オセアニアとのW杯予選合同プランを明かす

[ 2013年11月28日 05:30 ]

 アジア連盟のサルマン会長は27日、オセアニア連盟とW杯予選を合同で行うプランを話し合っていることを明かした。

 出場枠を合算させるための案で「我々は地理的に近い」と訴えた。ブラジル大会でアジアは4・5枠、オセアニアは0・5枠も、大陸間プレーオフでアジアのヨルダンが南米のウルグアイに、オセアニアのニュージーランドも北中米カリブ海のメキシコに完敗。両連盟が予選を合同で行えば5枠を確保できる計算で、オセアニアのレベルを考えれば日本を含めたアジアにとって出場の可能性が広がると言えそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年11月28日のニュース