森保監督 アルアハリ戦は「守備的に戦うつもりはない」

[ 2012年12月8日 18:40 ]

 サッカーのトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)に開催国枠で初出場して1回戦を突破したJ1王者の広島は9日午後7時半から愛知・豊田スタジアムでアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)との準々決勝に臨む。8日は愛知県豊田市内のグラウンドで調整し、森保監督は「相手は攻撃的なチーム。大陸王者に対し、挑戦する気持ちを出して戦いたい」と意欲を示した。

 約1時間の練習は冒頭のウオーミングアップのみが公開された。広島は勝てば南米王者のコリンチャンス(ブラジル)との準決勝に進み、負ければ5位決定戦へ回る。

 ▽森保・広島監督の話 初戦に比べてボールを保持する時間は少ないと思う。守備で耐えて失点しなければ(相手に)焦りが生まれるだろう。ただ守備的に戦うつもりはない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月8日のニュース