大前「早くゴールを決めたい」 先輩・岡崎との対決も心待ち

[ 2012年12月8日 16:39 ]

ドイツ1部リーグのデュッセルドルフへ移籍が決まり、記者の質問に答えるJ1清水の大前元紀

 J1清水からドイツ1部リーグ、デュッセルドルフへの移籍が決まったFW大前元紀(22)が8日、静岡市内での練習後に取材に応じ「海外で活躍するのが小さいころからの夢だった。早く試合に出てゴールを決めたい」と意気込みを述べた。

 10日で23歳になる大前は166センチ、68キロと小柄で、スピードを生かした突破が持ち味。かつて清水でともにプレーした岡崎(シュツットガルト)を尊敬していて「岡ちゃんがドイツに行ってから(移籍を)すごく意識するようになった。対戦するのが本当に楽しみ」と目を輝かせた。

 今季は主に右MFを務め、34試合に出場して自己最多の13得点。「トップ下もやってみたい。いい成績を残して日本代表に入りたい」と意欲満々だった。

 清水が16強に進出した天皇杯の日程が終わり次第、ドイツに渡る予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月8日のニュース