チェルシー主将右膝ケガ テリー来日せず

[ 2012年12月8日 06:00 ]

トヨタ・クラブW杯

 欧州代表のチェルシー(イングランド)は、主将のDFテリーを欠いて戦うことになった。ベニテス暫定監督が7日、右膝のケガのため来日メンバーから外れたことを明らかにした。

 一方で朗報はMFランパードの復帰。右ふくらはぎを痛めて10月末から戦列を離れていたが、同監督は8日のサンダーランド戦でプレーできる見通しを語った。チェルシーは13日の準決勝から登場する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月8日のニュース