震災影響しサッカーくじ売り上げ177億円減

[ 2011年12月29日 19:57 ]

 サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは29日、2011年の販売を終え、各くじの総売上額は前年比約177億円減の760億1119万5400円だったと発表した。

 東日本大震災の影響で3~4月にくじの販売が中止され、1等6億円の「ビッグ」の発売回数が前年より4回減ったことも響いた。今年のビッグ当選本数は33口だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月29日のニュース