工藤が1得点1アシストの活躍!「決勝も楽しみたい」

[ 2011年12月29日 20:32 ]

<横浜―京都>延長後半、決勝ゴールを決めた久保(中央左の背中)に抱きつく京都イレブン

天皇杯準決勝 京都4―2横浜

(12月29日 国立)
 京都の工藤が2得点に絡む活躍で、勝利に大きく貢献した。

 0―1の後半5分に左足で「練習でも入らないようなゴール」という絶妙なミドルシュートを決め、延長後半11分には久保へのパスで勝ち越し点をお膳立てした。

 今季J2千葉から加入したが、開幕前に左膝の前十字靱帯を損傷。夏場にようやく復帰した27歳の技巧派は「膝の状態はいい。あとはピッチで何ができるか。決勝も楽しみたい」と自信に満ちた表情で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月29日のニュース