FW白星東が磐田入り 20歳、飛び級で五輪予選出場

[ 2011年12月29日 13:36 ]

 J1磐田は29日、U―22韓国代表のFW白星東(ペク・ソンドン、20)の来季入団が決まったと発表した。

 韓国・延世大でことしの大学最優秀選手に選ばれた白星東は、中盤もこなす攻撃的な選手。テクニックとスピードに優れ、今年7、8月にコロンビアで開催されたU―20W杯では全4試合に先発出場し、16強進出に貢献した。“飛び級”でU―22韓国代表にも選ばれ、ロンドン五輪アジア最終予選ではレギュラーとして出場している。

 白星東はクラブを通じて「一日も早く日本のプロサッカーに適応し、自分の力を発揮できるよう、全力を尽くします」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月29日のニュース