スアレス “不適切な行為”で1試合出場停止

[ 2011年12月29日 21:57 ]

 イングランド・サッカー協会(FA)は28日、プレミアリーグのリバプールに所属するウルグアイ代表FWスアレスが5日のフルハム戦で不適切な行為をしたとして1試合の出場停止と罰金2万ポンド(約250万円)の処分を科したと発表した。リバプールにも、同額の処分を決めた。相手ファンに中指を立てる侮辱的なしぐさをしたため。

 スアレスは20日、10月の試合で人種差別的発言をしたとして8試合の出場停止と罰金の処分を科された。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月29日のニュース