マンC激震!指揮官 テベス“追放”「彼は終わった」

[ 2011年9月29日 07:25 ]

試合後、スタジアムを後にするテベス

欧州CL1次リーグA組 マンチェスターC0-2バイエルンM

(9月27日)
 マンチェスターCが敗戦とともに激震に見舞われた。バイエルンM戦後の会見でマンチーニ監督が爆弾発言。FWテベスが途中出場の指示を拒否したことを明かし「彼は終わった。私の下では二度とプレーしないだろう」と昨季主将を務めた元エース追放を宣言した。

 2点を追う後半途中に2人目の交代選手として準備を指示されたが、昨季プレミアリーグ得点王はこれを無視。指揮官は「大事な試合でチームメートを助けるために出場することを拒否するなどトップクラブで起こり得るか?」と吐き捨てた。

 渦中のストライカーは28日に声明で「誤解されたのかもしれない。出場を拒んだことはない。必要とされれば義務を果たす」と造反を否定も、移籍志願を繰り返してきた経緯もある。FWジェコも途中交代に不満げな様子を示した。大型補強連発による「寄せ集め」とも言われてきた金満軍団が大きな危機を迎えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月29日のニュース