ザック監督「本田の代わりもできる」 藤本「しっかり頑張ります」

[ 2011年9月29日 17:06 ]

日本代表メンバー発表

(9月29日)
 今回は故障を抱える主力選手が多い。10月3日からの合宿と7日のベトナム戦はW杯予選に向けた貴重な強化の場だが、無理は禁物。ザッケローニ監督は「選手の状態を慎重に見極め、安定感のあるチームを目指す」と話した。

 欧州はチャンピオンズリーグも含めシーズンが本格的に始まり、国内はJ1とナビスコ杯が厳しい日程で続いた。代表スタッフによると、最終的に所属クラブが派遣を拒否した内田以外にも、疲労の影響で招集されなかった選手がいるという。

 けがの清武(C大阪)と遠藤(G大阪)や故障明けの中村(川崎)と長谷部(ウォルフスブルク)は離脱の可能性を織り込み済みで選ばれた。日本協会の原強化担当技術委員長は、右脚負傷の清武について「きょう発表する23人に入れることはC大阪の了承を得た。今後の状態を見てどうするか」と説明した。

 こうした状況だけに注目されるのはJ1で2位と好調な名古屋を支える藤本。同監督は「本来のサイドから中央寄りでも力を発揮できるようになった。本田の代わりもできる」と期待を寄せた。

 ▼藤本の話 日本代表に選ばれたことはうれしい。2試合ホームでの試合になるので、しっかり頑張ります。

 ▼ハーフナーの話 日本代表に選ばれて光栄。チームの一員としてしっかり戦い、貢献できるように頑張ります。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月29日のニュース