クルピ監督、清武の今後の起用「経過見ながら」

[ 2011年9月29日 06:00 ]

帰国したC大阪MF清武

 C大阪はACL準々決勝全北戦の敗戦から一夜明けた28日、帰国した。右内転筋痛を押して先発して後半22分までプレーした日本代表MF清武について、クルピ監督は「まだ痛みは少しあるようなので経過を見ながら」と今後の起用について慎重に検討する意向を明かした。

 清武自身は「(プレーは)問題なかった。でも信じてレヴィー(クルピ監督)は使ってくれたので結果を残せなかったのは申し訳ない気持ちでいっぱい。次に向けて頑張りたい」と10月2日の仙台戦出場に意欲を見せていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月29日のニュース