ゴトビ監督がユングベリ絶賛「愛が感じられた」

[ 2011年9月17日 18:54 ]

<清水・浦和>前半、競り合う清水・ユングベリ(左)と浦和・柏木

J1第26節 清水1―0浦和

(9月17日 エコパ)
 5試合ぶりに勝った清水のゴトビ監督は、元スウェーデン代表で来日初先発のユングベリを「彼のサッカーからはエスパルスへの愛が感じられた」と絶賛した。

 右爪先を打撲していたユングベリは、効果的なパスを何度も出した。痛み止めの注射を打ちながらのプレーで後半31分に退いた34歳のMFは「勝てたことが良かった。清水に来た理由は中盤でゲームをつくることだ」と頼もしい口調だった。

 ▼清水・大前 (ユングベリは)僕らの動きだしを見てくれている。これからどんどんコンビネーションが良くなると思う。自分も貪欲にゴールを狙っていきたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月17日のニュース