バティスタ氏 “賄賂発言”マラドーナ氏提訴へ

[ 2011年9月17日 06:00 ]

 前アルゼンチン代表監督のセルヒオ・バティスタ氏(48)が前任者のディエゴ・マラドーナ氏(50)に対し、訴訟を起こす意向を15日に明かした。

 08年北京五輪代表監督を務めるなどしたバティスタ氏に関し、代理人から金銭を受け取って特定の選手を招集していたとマラドーナ氏がテレビ番組で発言。バティスタ氏は法的手段に訴えることを認め「代表監督を続けられなかったことへの恨みかもしれないが、彼は私が無関係なことは分かっているはず」と吐き捨てた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月17日のニュース