川澄“先生”立候補!被災地の小学生に夢を

[ 2011年9月17日 06:00 ]

兵庫県サッカー協会の依頼で、なでしこの花の種を植えた川澄(左)と高瀬

 INACのFW川澄奈穂美(25)が、東日本大震災復興支援として被災地で小学生に授業を行う「スポーツこころのプロジェクト」の講師役に立候補した。同僚のMF田中明日菜(23)とともに既にチームに意向を伝えている。

 川澄は日本サッカー協会主催の「こころのプロジェクト」で5回ほど兵庫県内の小学校で先生を務めた実績がある。「今までとやり方は変わらないですが、子供たちに夢を持ってもらえるようにしたい」と過去の経験を生かすつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月17日のニュース