なでしこ“全国巡業” 新スポンサーで来季予算倍↑

[ 2011年9月17日 06:00 ]

7月24日のINAC―千葉戦の試合後、笑顔を見せる沢(左から2番目)、川澄(右から2番目)ら

 なでしこたちが全国行脚する。なでしこリーグは16日、タイトルスポンサーの「プレナス」に続く2社目のオフィシャルスポンサーとして「三井住友カード」と契約したと発表した。さらに数社と交渉中で、来季のリーグ予算は倍増する見通し。増額分はチームがない中立地でのリーグ戦開催の経費などに充てて、女子サッカー人気を地方にも広げる計画だ。

 今や国民的スターとなったなでしこジャパンのMF沢、FW川澄のプレーを、あなたの住む県で生観戦できるかもしれない。なでしこリーグが来季から、チームの本拠地がない地方でオールスター戦やリーグ戦を開催するプランが浮上した。リーグ関係者は「なでしこを普段見る機会がないところに出向いて試合をしたい。このチャンスを逃すわけにはいかない」と初の試みとなる“なでしこ全国巡業”で人気を一気に地方にも広めたい考えだ。

 それを可能にするのが新スポンサーの存在だ。16日に2社目のオフィシャルスポンサーとして「三井住友カード」が決定。さらに「現在3社と交渉中」(リーグ関係者)ということで、今季約5000万円だったリーグ予算が来季は一気に倍増する見通し。その増額分をリーグ戦の地方開催の経費などに充てる計画だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月17日のニュース