U―22日本代表 非公開で福岡大と実戦練習

[ 2011年9月17日 21:12 ]

ウオーミングアップをする永井(左から3人目)、清武(右端)ら

 サッカー男子のロンドン五輪アジア最終予選に臨むU―22(22歳以下)日本代表は17日、熊本市内で冒頭15分以外を非公開として、福岡大と実戦形式の練習を行った。関塚監督は21人の選手全員を起用して戦術を確認したことを明らかにし「メンバーを入れ替えながら、意思統一を図った。順調に進んでいる」と手応えを口にした。

 5大会連続9度目の五輪出場を目指す日本は21日に佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで行われる最終予選C組初戦でマレーシアと対戦する。チームは18日に熊本市内で調整した後、鳥栖市に移動する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月17日のニュース